そもそも、更年期ってなに?

画像の説明

更年期という言葉はよく聞きますが、何歳ぐらいからどんな症状が起こるのかをはっきり知っている方は少ないようです。

更年期には定義があり、まず期間は閉経前後の5年間と言われています。

閉経は単に月経が来なくなること、というイメージしかないかもしれませんが、具体的に言うと女性ホルモンの分泌量が減り、卵巣の働きが衰えて機能が停止するということです。

ただ、卵巣の機能の低下の仕方は体質や体の状態も関係しているので、一度月経が来なくなっても、何らかの要因で卵巣が働き出して月経がくることもあります。

ですので、基本的には月経が1年以上来ないと閉経とされています。

更年期が始まる年齢も人によって異なりますが、50歳ぐらいから起こるのが一般的ですから、40代から50代にかけてが更年期となります。

ただし、食生活の欧米化やライフスタイルの変化などで、更年期は若年化しているのが実情です。

早い人だと40代から、中には30代で更年期が始まることもあります。

ですが、こんなに早い段階で更年期が来るとは思っていない人も多いので、原因不明の体調不良や疲れと勘違いしやすいようです。

更年期が始まると、女性の体や心のバランスを保つ女性ホルモンの分泌量が減少するため、様々な症状が起こり始めます。

ここで更年期と気がつけば適切な対処ができるのですが、更年期だと気がつかないと間違った対処法によって症状が悪化することもあります。

体調不良が更年期のせいなのか生活習慣の乱れなのか見極めるのは難しいですが、原因が特定できない場合は、婦人科を受診してしっかり調べて適切な対処ができるようにしましょう。