むくみを起こす病気(片足だけがむくむ時)

一般的にむくみというのは左右対称に起こるものですが、片足だけにむくみが出たり、左右のむくみの度合いが違うこともあります。

片方だけむくむとしても、怪我やかぶれ、病気による麻痺など外的要因があるのでしたら特に問題ないでしょう。

しかし、何の要因もなく普通の生活をしているのに片方の足のむくみがひどいという場合は病気かもしれません。

画像の説明

片足にむくみが出るのは局所性浮腫といいますが、この症状を引き起こす病気で考えられるのは、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)やリンパ浮腫が挙げられます。

下肢静脈瘤は局所性浮腫で一番多い病気で、成人だと約40%もの人がかかっていると言われています。

下肢静脈瘤の原因は、立ち仕事や加齢などにより血液の逆流を防ぐ弁の機能が低下することです。

下半身に送られた血液は、通常であれば静脈を通って心臓に戻されていきますが、弁の働きが衰えると重力などによって逆流して足先の方へ流れてしまいます。

すると血管の圧力が高まり、静脈が膨れて静脈瘤ができてむくんでしまうのです。

ただ、こういった状態は静脈のすべてに起こることはほとんどなく、特に弁の機能が低下している部分だけにできます。

そのため片足だけにむくみの症状が引き起こされるのです。

リンパ浮腫は、リンパ液の流れが悪くなることで起こる病気です。

リンパ液には不要な水分や老廃物などが含まれていて、リンパ節に運ばれて排出されていきます。

このリンパ液の流れが滞ると水分が適切の排出されずに皮下に溜まって、むくみが起こります。

リンパ浮腫は主に子宮がんや卵巣がん、乳がんなどの治療や手術よって起こりますが、悪性腫瘍が出来ている可能性もあるので注意しましょう。