更年期のむくみを引き起こすかもしれない急激な生活の変化について

更年期の症状やその度合いには個人差がありますが、どんな症状や度合いであっても、普通の生活が送りにくくなります。

例えば、ホットフラッシュと言って顔が火照ったり汗をかきやすくなる症状がありますが、重症化すると真冬でも半袖で過ごさなくてはいけないほどの症状が出ます。

このような状態になったら、とうてい人と会ったりすることはできません。

また、腰痛や肩こりがひどくなったり、掃除や洗濯などたいしたことがない動作であっても息切れや動悸の症状が出ることもあります。

他にも睡眠障害で眠りが浅くなる、寝つきが悪くなるなどの症状が起こって、昼間は眠気で何も出来なくなったりする人もいます。

こういった症状は、ホルモンバランスの変化や血のめぐりが悪くなることで起こると言われていますが、急激な生活の変化はむくみも引き起こします。

更年期による症状は、運動不足ややる気の低下などにつながるため、リンパ液の流れも滞ってむくみが発症しやすくなるのです。

むくみを放っておくと単に太りやすくなるだけではなく、冷え性やだるさなど体調の悪化の原因になるので、更年期の症状を改善していく必要があります。

そのためには血のめぐりやホルモンバランスを整えなくてはいけませんが、更年期の場合は無理をせずに、高麗人参など血行を促進してくれる成分を利用しましょう。

画像の説明

血行を促す成分を摂取すれば血のめぐりが良くなり、卵巣の機能低下も緩やかになりホルモンバランスも整っていきます。

成分の摂取だけであれば、特に体や心に負担をかけることもないので、生活の急激な変化でむくみを感じるようになったら、血行促進に効果のある成分を摂取するのがオススメです。