更年期は女性ホルモン不足

更年期になると、体や心にさまざまな症状が現れ始めます。

例えば体だと、火照りやのぼせ、多汗、むくみ、睡眠障害、だるさや疲労感、偏頭痛や肩こり、腰痛などの症状が起こります。

精神的な面では、ちょっとのことでイライラしたり落ち込んだり、無気力、集中力の欠如、うつ状態などの症状が引き起こされます。

画像の説明

このような症状が起こる要因となるのが女性ホルモン不足です。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2つの種類のホルモンがあります。

このうち、更年期の症状を引き起こすのがエストロゲンです。

本来ならエストロゲンは、女性らしい丸みを帯びた体を作ったり、妊娠の準備をしたり、自律神経を整えたり、血流を促進して肌や髪に潤いやハリを与える働きをしてくれます。

しかし、更年期になるとエストロゲンの分泌量がどんどん低下していくのです。

そのため自律神経が乱れたり、血行が悪くなったりするため、体調不良が引き起こされるのです。

また、通常はエストロゲンとプロゲステロンが交互に優位になりながら、女性の健康や美容を守っていますが、更年期はプロゲステロンが優位な状態が続きます。

プロゲステロンは妊娠状態を維持する重要なホルモンですが、皮脂の分泌量を増やしたり、便秘や腰痛などを起こす働きも持っています。

さらに精神状態を不安定にするため、イライラしたり不安や緊張などの精神症状が起こりやすくなります。

このように、エストロゲンの減少による女性ホルモン不足とプロゲステロンが優位になることが更年期の症状の原因となるのです。