更年期障害に漢方をすすめる理由とは

更年期障害の治療には女性ホルモンを補充するのが一般的ですが、最近は漢方を利用する治療が注目されています。

効果で言えば女性ホルモン補充療法の方が高いのに、それでも漢方をすすめる理由は2つあります。

まず1つ目は、漢方の方が副作用のリスクが低いからです。

画像の説明

女性ホルモンによる治療は、人工的にホルモンの量を増加させるため、本来の体の状態を無理に変えることになります。

もちろん更年期は女性ホルモンの分泌量が減少することで起こるので、女性ホルモンを補給すれば症状を緩和することはできます。

しかし、閉経は人間の体に起こる自然なことであり、卵巣機能も不要になるから低下していきます。

その状態を無理に変えるのですから、副作用が起こるのは当然です。

しかし漢方は、治癒力を高めたり機能を回復させる、つまり体が自然に女性ホルモンの分泌を促進できるので副作用の心配がないのです。



2つ目の理由は、症状の緩和に効果的だからです。



更年期障害の症状は人によってまったく異なり、例えば頭痛とイライラ、ホットフラッシュが同時に起こる人もいれば、手足の冷えやうつ状態、倦怠感が起こる人もいます。

こういった症状は女性ホルモンが原因であるものの、血行不良や自律神経の乱れによって起こります。

そのため単純に女性ホルモンの分泌量を増やすだけでは、症状が緩和できないこともあります。

漢方は症状に合わせて生薬を配合しますから、どんな症状であっても改善効果が高いのですね。

また、もともと漢方は婦人科系の病気に効果が高いと言われていますから、更年期障害にも効率よく働きかけるため治療に勧められるのです。