更年期障害の治療法とは

画像の説明

更年期障害の治療法は、症状や度合いによって異なりますが、基本となるのはホルモン補充療法です。

更年期に入ると、卵巣機能の働きが低下するために女性ホルモンの分泌量が減少し始めます。

これに伴い起こるのが更年期障害なので、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンを補うことで、更年期に起こる症状を緩和していきます。

女性ホルモン補充療法は、更年期障害特有のホットフラッシュという症状はもちろん、頭痛や腰痛、肩こりなどの症状にも効果があります。

また、睡眠障害や情緒不安定など精神症状など、幅広い症状にたいしての効果が認められているので、保険も適用されます。

さらに更年期障害だけではなく、女性ホルモンの減少によって起こる骨粗鬆症や高脂血症などを予防したり、症状の進行を防ぐ効果も期待できます。

もし、血のめぐりが悪いことで起こる更年期障害が顕著な場合は、漢方による治療を行うこともあります。

漢方薬というのは血や気、水の巡りを改善して根本から不調を改善していく効果が期待できますから、全身症状に効果的です。

天然由来の生薬が主成分となっているので、女性ホルモン補充療法よりも副作用のリスクが少ないため、効き目はゆるやかであっても体に負担をかけない治療として注目されています。

イライラや不安、焦り、うつなど身体症状よりも精神症状がひどい場合は、うつ病の治療に使われる抗うつ薬や抗不安薬を用いて治療します。

ただし抗うつ薬などは女性ホルモン補充療法と同じく副作用が強いため、最近は効果が確認されている成分が配合されたサプリメントと生活習慣の改善を組み合わせて行う治療もふえています。