男性にもみられる更年期障害

以前は更年期障害というのは閉経が原因とされていたため、女性だけに見られる特有の症状と思われていて、男性には関係ないことというのが定説でした。

しかし、近年はあらゆるデータや研究によって、男性にも更年期障害があることが分かっています。

女性の更年期は女性ホルモンの分泌量が減少してバランスが乱れることで起こりますが、男性の場合は男性ホルモンの一つであるテストステロンが減少するためと考えられています。

女性ホルモンと同じで、男性ホルモンも加齢とともに減少していきます。

また、男性の場合はストレスや過労もホルモンの分泌に大きく関わるため、職種や性格によって更年期障害が起こりやすい人と起こりにくい人に分かれるのが特徴です。

画像の説明

男性の更年期の症状は、疲労の蓄積や睡眠障害、火照りやのぼせ、息切れや動悸など女性と共通するものもありますが、男性特有の症状もあります。

男性の更年期特有の症状としては、ED(勃起不全)や性欲の低下、性機能の低下、筋力の衰えなどが挙げられます。

また、意外かもしれませんがメタボリックシンドロームも男性の更年期によって起こることがあります。

これは筋肉量が減少することで基礎代謝が低下したり、エネルギーの消費量が減ることによって起こると考えられています。

男性の場合は閉経はないので更年期の始まりや終わりが分かりづらいですし、更年期があること自体まだあまり知られていません。

そのため単なる加齢や疲労、精神症状と思われがちですが、男性でも重度の更年期障害になることがありますから、思い当たる症状が出てきたら医療機関を受診しましょう。