足だけでなく全身がむくんでしまう理由や注意したいポイントとは

一般的なむくみというと、ふくらはぎや顔などに起こる症状のイメージがありますが、更年期によるむくみは全身に起こりやすいです。

全身がむくんでしまう理由は、簡単に言うと更年期になるとホルモンバランスの変化が激しくなり、卵巣の機能が低下するからです。

卵巣の機能が低下すると、その周辺の血流が悪くなっていきます。

普通のむくみは重力によって水分が惹きつけられやすい下半身や、血管が細い顔に起こるのですが、体の中心にある卵巣周りの血液の流れが悪くなると全身の血のめぐりも悪くなります。

そして血のめぐりが悪くなると、老廃物を運んで排出するリンパ液の流れも滞りやすくなるためむくんでしまうのですね。

足や顔に起こるむくみであればマッサージなどで解消しやすいですが、全身にむくみが起こるとマッサージでは解消しにくいため、疲れが取れなかったりだるくなったりする体の不調にもつながります。

更年期による症状の場合はある程度どうしようもない部分もありますが、ずっと不調が続くと精神的な負荷も大きくなります。

この状態を防いだり改善するには、ホルモンバランスを整えることがポイントになります。

画像の説明

ホルモンバランスが整えば、卵巣の機能が一気に低下することもありませんから、血液やリンパの流れも滞ることはありません。

ホルモンの分泌を整えるには、生活習慣の改善やストレスを溜めないなどの方法がありますが、血行を促進する成分を摂取する方法も効果的です。

血行不良を改善してくれる成分は、明日葉エキスやシャクヤクエキス、他にも高麗人参などがあるので積極的に取り入れると、全身のむくみの解消効果が期待できるでしょう。