30代で更年期は早すぎる?

画像の説明

更年期障害と言えば、40代後半から50代の女性に起こるものと思われがちですが、近年は若年化している現状があります。

その理由として挙げられるのが、偏った食生活や不規則な睡眠、ストレス、過度のダイエットなどです。

若いとつい無理をしたり、生活が不規則でもまだ大丈夫という感覚があるため、体のメンテナンスを怠ってしまいがちです。

しかし、いい加減な生活をしていると体内の老化が加速してしまい、更年期の症状も30代から見られるようになるのです。

もちろん人間の本来の体の機能で言えば、30代で更年期は早すぎます。

30代ならまだ子供を産める体ですから、そんなに早く閉経することは基本的にありえません。

ただ、生活習慣のせいで更年期障害と同じような症状が出るのも事実で、これは若年性更年期障害と呼ばれています。

栄養が不足すれば卵巣が正常に働くために必要な栄養が行き渡りませんし、睡眠障害やストレスが溜まったりすると自律神経が乱れて卵巣の機能が低下します。

卵巣が機能不全になると、女性ホルモンの分泌量が減少するので、結果的に更年期障害と同じ症状が起こることがあるのです。

ですが、若年性更年期障害は40代後半から起こる更年期障害とは違います。

更年期障害は閉経に伴って発症するものですが、若年性の場合は閉経はしませんから、生活習慣を改善したり卵巣の機能を活性化したり、ホルモンの分泌を促進することで改善できます。

ただし放っておくと卵巣機能はどんどん低下して閉経も早まり、そのまま更年期に突入する可能性があるので、30代で更年期障害の症状が出たら、すぐに対策を行いましょう。