いくらリンパマッサージをしても、半身浴で体を芯から温めても解消できないむくみは、更年期によるむくみかもしれません。

むくみというのは、老廃物や不要な水分を運ぶリンパ管が詰まってしまい、流れが滞ってしまうことで起こる症状です。

リンパ管が詰まる原因は、運動不足や冷えなどいろいろあるものの、基本的にはリンパ管をマッサージしてリンパ液の流れを促進することで解消できます。


しかし、それでも解消できないむくみもあります。

画像の説明



その原因として考えられるのは、女性ホルモンのバランスの崩れです。



女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2種類があり、定期的に分泌量を変化させながらバランスを保っています。

ですが、妊娠や出産、月経、そして更年期など女性ホルモンのバランスが乱れると、リンパや血液の流れをコントロールする自律神経が乱れるためにむくみが引き起こされます。

閉経前後の5年間は更年期と呼ばれていて、この期間は女性ホルモンの分泌量が大幅に変化します。

女性の体はホルモンの働きによって正常に保たれているので、このバランスが崩れると体調不良などが引き起こされますが、老廃物などの流れが滞るむくみも体調不良の症状の一つです。

更年期によるむくみの場合は、ホルモンが関係しているため単にリンパマッサージなどでは解消できません。

更年期は他にもいろいろな症状が出てきますから、むくみをそのままにしておくと、倦怠感やだるさ、慢性疲労、寝不足などの症状にもつながるので、しっかり対策をとるようにしていきましょう。

そこで、ホルモンバランスを整えるおすすめの方法が、

テレビでも大人気で、

更年期女性(40~50代)のためにつくられた、